ボランティア、社会奉仕団体 – ライオンズクラブ国際協会334-D地区 キャビネット事務局 | 富山県、石川県、福井県

地域の子供たちにプログラミング教育を!〔CN55記念事業〕

学習指導要領の改訂により、2020年から日本の全ての小学校においてプログラミング教育が取入れられるようになったことを受けて、現在、先進校と呼ばれる学校では授業に取入れていくところが増えてきています。富山市の小学校でもそのプログラミング教育に取り組んでいきたいというお話を聞き、地域の子供たちにより早くその環境を整えてあげることが未来のプログラマーを育てていくための貢献になると思い企画しました。
当クラブCN55周年記念事業として プログラミングロボットSphero BOLTを19台、富山市の教育委員会に寄贈しました。プログラミングを学びたい小学校に貸し出す形となります。
 11月28日、富山市立光陽小学校体育館にて 富山市教育委員会教育長、ライオンズ関係ご来賓をお招きし目録贈呈式を行い、その後、児童たちにアプリを使って簡単なプログラミングでテーマを決め球体型のロボットを実際に操作してもらうなどして披露いたしました。そして式終了後、小学校敷地内にてクロモジ1本の記念植樹を行いました。
スフィロボルトは学びの中にもたくさんの楽しみ方があるロボットです。実際に操作してプログラムの楽しさを沢山の子供たちに体験してもらい、失敗や成功の喜びもプログラムを通して学んでいくことも必要と考えております。
 富山市内各小学校にて活用していただくことにより、子供達のプログラム教育の実践に役立つことを願っています。

所属クラブ 富山神通ライオンズクラブ

役職    会長 坂井博文

対象委員会 GST委員会

活動日   2023-11-28

開催場所  富山市立光陽小学校

参加者   富山市教育委員会教育長様  
334-D地区ガバナー様 地区キャビネット幹事様、地区キャビネット会計様、1R2ZC様 地区マーケティング・コミュニケーション委員長様、 富山市立光陽小学校 学校長、教職員の方々、5年生児童27名
富山神通ライオンズクラブ会員30名

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る