ライオンズクラブ国際協会334-D地区 キャビネット事務局

活動報告

私たちが目指すこと

共助の役割を担う、ライオンズクラブ

奉仕活動を推進する中で、この事業はライオンズクラブではなく行政がやるべきことではないか?各自が自助努力でやるべきことではないか?時折そんな声が聞こえます。
行政が成すべきことは公助、自ら成すべきことは自助。
しかしながら、助けが必要なのに見過ごされている人たちがいます。日が当たるべきなのに当たっていない、いわば闇のようなところに光を当てる。それがまさに共助ではないでしょうか?
私達ライオンズクラブはこの共助を担うべきだと感じます。

4つの重点目標

奉仕が育む夢と希望

ー社会的に弱い立場の方々を応援する事業ー

1.子育て応援事業
2.青少年健全育成事業
3.発達障害の現状や認知症について学び、寄り添う事業
4.災害時に於ける他団体との地域連携の強化・推進

ライオンズの活動紹介

献血 - ライオンズクラブ国際協会334-D地区の活動1
献血
献血の多くはライオンズクラブの活動に支えられていることを、ご存知でしょうか。各地のショッピングセンター等で献血をお願いしています。献血で救える命があります。ご協力をお願いいたします。
ベビーサイン - ライオンズクラブ国際協会334-D地区の活動2
ベビーサイン
おしゃべり出来ない赤ちゃんとのコミュニケーションをとることが赤ちゃんへの理解を深め、日々の育児に自信を持ち、育児を楽しめるようになる。それが育児支援に繋がっていくと考え活動します。
発達障害 - ライオンズクラブ国際協会334-D地区の活動3
発達障害
「発達障害って何だろう?」ここからライオンズは動き出します。セミナーを開催し、知ることによって理解を深め、必要な支援へと繋いでいきます。もしかしたら私も…
一緒に学びませんか。
認知症 - ライオンズクラブ国際協会334-D地区の活動4
認知症
認知症の人や家族を応援し、誰もが暮らしやすい地域を作っていくため認知症に対して正しい知識を得るためのサポーター養成講座の開催や専門家による講演会を計画・実施しています。
ヘアードネーション - ライオンズクラブ国際協会334-D地区の活動5
ヘアードネーション
小児がんなどの病気で髪を失った子供たちのために福井県では駅前などで女子学生にチラシを配って協力を依頼する活動を行っています。自分の髪が誰かの役に立つ、ライオンズはその気持ちを大切にします。
LQ・薬物乱用防止 - ライオンズクラブ国際協会334-D地区の活動6
LQ・薬物乱用防止
家族の絆や地域社会とのつながりが弱体化し青少年がライフスキルを学ぶ機会が減少している今日、WSやセミナーを開催し健全な発達を支援するとともに、薬物への知識や怖さを伝え乱用防止に繋げていく活動をしています。
災害協定 - ライオンズクラブ国際協会334-D地区の活動7
災害協定
自然災害が多発している今こそ、災害時における地域連携が必要とされています。市町村と社会福祉協議会・ライオンズクラブが一体となり各々の特性を生かした支援に取り組んでいます。

ライオンズ会員の方へ

トップへ戻る