ライオンズクラブ国際協会334-D地区 キャビネット事務局

2R3ゾーン合同アクティビティ「災害支援用ポータブル電源の寄贈」

2リジョン3ゾーンでは、砺波ライオンズクラブ、となみセントラルライオンズクラブのメンバーからの拠出金等で毎年、ゾーン合同アクティビティをしています。今年度は、南砺市へ災害時に使用してもらうためにポータブル電源2台とソーラーパネル1台を寄贈しました。片山和行ゾーン・チェアパーソンの「地域に役立つライオンズクラブという概念から、災害支援に役立つ事業をしたい。」という意向で南砺市と協議を重ねこのアクティビティに決定しました。ポータブル電源1台で30回分のスマートフォンの充電ができるということです。
贈呈式には、片山ゾーン・チェアパーソン、新井砺波ライオンズクラブ会長、下保となみセントラルライオンズクラブ会長、江上地区委員が出席し、当クラブのメンバーでもある田中幹夫南砺市長に目録等を寄贈しました。
災害協定を結んでいますが、実際には何をしたらいいのか見当もつかないので、防災訓練等を実施してほしいという要望もしてきました。このポータブル電源が使われないことが一番ですが、「備えあれば憂いなし」のことわざのように、地域の安心のためにライオンズクラブとしてできる限り備えるというところに協力をしていかなければと改めて感じました。

所属クラブ 砺波ライオンズクラブ

役職    会長 新井外弘

対象委員会 社会福祉委員会

活動日   2022-12-14

開催場所  南砺市役所 市長室

参加者   2R3ZC L.片山和行、砺波LC会長 L.新井外弘、となみセントラルLC会長 L.下保正信、2R地区委員 L.江上 勝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る