ボランティア、社会奉仕団体 – ライオンズクラブ国際協会334-D地区 キャビネット事務局 | 富山県、石川県、福井県

手話講座「手話」でみんなの心をつなごう

武生セントラルライオンズクラブは、今年度334D地区の重点目標の一つである、価値あるクラブとなるための活動目標.「手話言語」をひろげるため11月8日に手話教室を開催。
越前市より出前講座として、越前市社会福祉課 障がい福祉グループ 井上尭之主査と 城戸裕美手話通訳員の2名の講師をお迎えし、手話講座、「手話」でみんなの心をつなごうを行った。
今回パソコンのトラブルにより、残念ながら、スクリーンを見ながら行うことは出来なかったが、講師2名の丁寧な対応により、挨拶や非常時(避難所など)に使える手話などを覚えた。
今後は、334D地区HPの動画を見ながら「また会う日まで」を年明けに練習し、50周年記念式典時に全員で行う予定である。
手話は難しい印象があったが、ジェスチャーなど意味と一緒に考えながら行うと覚えやすく、取り組みやすいことが分かった

所属クラブ 武生セントラルライオンズクラブ

役職     GLT・会則付則委員長 北島和彦

対象委員会 GLT・会則付則委員会

活動日   2023-11-08

開催場所  武生商工会館 会員サロン

参加者   小柳将樹会長、山田勝也幹事、北島和彦GLT・会則付則委員長、他41名

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る