ライオンズクラブ国際協会334-D地区 キャビネット事務局

2021年度ヘアードネーション推進活動

小児がんや先天性の脱毛症、不慮の事故などで頭髪を失った子どもの為に、寄付された髪の毛でウィッグを作り無償で提供する活動である「ヘアードネーション」を会員に呼びかけ、家族や知人に対し、ヘアードネーションの必要性を訴えて、多くの人に協力の輪を拡げることを目的として実施。 当クラブは、2020年7月より例会にて会員に対し、クラブYE・青少年健全育成委員長より「ヘアードネーション」についての説明をし、協力呼びかけを実施しています。 2020~2021年度には、会員の家族、知人の協力によりヘアードネーション(30cm以下)4件を「つな髪」へ送付した。 2021年度に入り地区より、15cm~30cm未満の提供は中止連絡があった為、当クラブは、7月に会員の知人からの提供の、ヘアードネーション(31cm以上) 1件を、つな髪へ送付した。 本年度は例会にて、会員全員にヘアードネーションのチラシを配布し、行きつけの美容室や友人知人に対し、改めて「ヘアードネーション(31cm以上)」の協力推進活動を展開中です。 なお、「ヘアードネーション」の協力者に対しては、会長からの記念品を準備、また、カット代として事業費より3,000円の拠出をしています。 更なる推進活動として、各会員が美容室に出向いてチラシを渡し、来場客への協力の声掛け依頼をしたところ、 「ヘアードネーション」についての知識は既に持っている美容室もあり、協力依頼に対しても快く承諾をいただきました。美容室側もチラシを室内に貼ることにより、来場客へ話題を提供しやすく、協力を進めやすいとのことでした。但し、31cm以上のバージンヘアーとなると限られてくるので難しい面もあるとの意見でした。

所属クラブ 福井フェニックスライオンズクラブ

役職    市民委員会 / L.川島泰幸

対象委員会 ④GST・四献委員会

活動日   2022-02-25

開催場所  福井市内 各美容室

参加者   福井フェニックスLC  会長 松野雅範 幹事 安野健夫 他22名

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る