ライオンズクラブ国際協会334-D地区 キャビネット事務局

富山市ファミリーパークへ認証50周年記念事業からくり時計寄贈

 富山市古沢の市ファミリーパークは絶滅危惧種ライチョウの飼育繁殖している日本でも数少ない施設であり、 以前よりクラブ例会にゲストスピーチを依頼しクラブメンバーに理解を得てきました。2018年3月ライチョウ基金 参加後移動例会もファミリーパーク内で行なっており、今回富山雷鳥ライオンズクラブ認証50周年記念事業として からくり時計を寄贈しました。  ファミリーパーク自然体験センターホールに縦75センチ、横1.5メートルで立山連峰の背景にライチョウ、ふくろう やミミズクの模型が付いた特注品で開園から閉園まで、毎時0分になると音楽に合わせて約1分、動物が動く 仕掛け時計です。2022年2月17日午後2時より富山市への寄付に対する感謝状贈呈式が行なわれました。  これから春を迎え、この時計が入場者増加のきっかけになれば嬉しい。そして園が取り組んでおられます ライチョウの飼育繁殖をたくさん方に理解していただける場所になればと思います。

所属クラブ 富山雷鳥ライオンズクラブ

役職    会長 内野  忠

対象委員会 青少年育成・YCE・国際プログラム委員会

活動日   2022-02-17

開催場所  富山市ファミリーパーク自然体験センターホール

参加者   L内野 L 藤井 L 飯村 L 水島 L 布村 L 松下 L 大口 L 森 L永川 L 梅田  L 五十嵐 L 川口

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る