ライオンズクラブ国際協会334-D地区 キャビネット事務局

小松中央ライオンズクラブCN50周年記念事業 「ベビーサイン」

今年度CN50周年を迎えた小松中央ライオンズクラブが掲げたスローガンは“We Serve 50thから100thに繋げよう「生まれてくる子供たちの為に 今してあげられること」”です。このスローガンと国連が定める17の指標『SDG‘s』の普及活動を念頭に今年度の事業を考えました。 その一つが、FWT事業のベビーサインです。言葉をうまく話せるようになる前の赤ちゃんと手話やジェスチャーを使ってコミュニケーションをとる育児法です。これこそ「生まれてくる子供たちの為に 今してあげられること」です。直ぐに小松市大和こども園にベビーサインについて説明に行きました。園からは子育てで悩んでいるお父さんやお母さん、先生の手助けになる素晴らしいプログラムだと理解していただけましたが、コロナ禍のため先生方の仕事が増加していて日程調整が難しい、とのことでした。只、この大和こども園は社会福祉法人大和善隣館の6つの幼保連携型認定こども園の一つだったので、他の園にもお声がけいただきました。そして一般社団法人日本ベビーサイン協会様と打合せし、大和こども園と大和こども園分園やざき乳児保育園の2園の先生方に令和3年11月8日(月)、9日(火)の2日間で受講していただく事となりました。受講を終えた先生方からは高評価の感想をいただきました。 先生方の移動や離職率などを考慮すると、1つの園に絞って継続していくより市や県単位で進めていく方が定着出来るのではないかと思います。子育ての大変さが少しでも減り少子化に歯止めがかかる事を願い、このプログラムの大切さを感じました。

所属クラブ 小松中央ライオンズクラブ

役職    会長 L.池上 茂雄

対象委員会 FWT

活動日   2021-11-08

開催場所  大和こども園

参加者   大和こども園、大和こども園分園やざき乳児保育園 の先生方

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る