ライオンズクラブ国際協会334-D地区 キャビネット事務局

臓器移植推進啓発活動事業 グリーンライトアップ及び備品贈呈

臓器移植とは、病気や事故によって臓器(心臓や肝臓など)が機能しなくなった場合、人の健康な臓器を移植 (生体移植と亡くなられた人からの臓器提供による移植) して、機能を回復させる医療である。 もしもの時、誰かの命を救えるかもしれないし、助けてもらうかもしれない。そのような臓器移植について、まだまだ世間では理解されていないのが現状である。   そこで、福井中央LCとして、グリーンリボンキャンペーン(移植医療を通して臓器を提供しても良いという人と移植を受けたい人が結ばれ、より多くの命が救われる社会の実現に向けた 『移植医療』 の“理解促進” “普及” 及び “啓発” につながる取り組み) に 賛同し、グリーンライトアップ事業を行った。 福井市アオッサにて 10月23日(土)に点灯式 及び 備品の贈呈式を執り行い、10月23日(土)24日(日)18時~22時 アオッサのグリーンライトアップを実施、福井県臓器移植推進財団に対して臓器移植普及啓発用展示バナー4枚、運搬用台車1台、啓発用クリアファイル300枚を寄贈した。

所属クラブ 福井中央ライオンズクラブ

役職    幹事 鈴木和男

対象委員会 結成60周年記念事業委員会

活動日   2021-10-23

開催場所  福井市 アオッサ

参加者   福井市副市長 西行 茂様 公益財団法人 福井県臓器移植推進財団 理事長 岩野 正之様 公益財団法人 福井県臓器移植推進財団 コーディネーター 山口 多惠様 334-D地区 ガバナー L.三井 適夫 334-D地区 名誉顧問 L.北野 憲太郎 334-D地区 6R1Z ゾーン・チェアパーソンL.石山 巖 会員39名

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る