ボランティア、社会奉仕団体 – ライオンズクラブ国際協会334-D地区 キャビネット事務局 | 富山県、石川県、福井県

『こども110番の家』コーンを贈呈

となみセントラルライオンズクラブ 『こども110番の家』コーンを贈呈
となみセントラルライオンズクラブ 『こども110番の家』コーンを贈呈
となみセントラルライオンズクラブ 『こども110番の家』コーンを贈呈

当クラブは地域の子どもたちを犯罪から守るための『子ども110番の家』の目印となる黄色のカラーコーンを、2006年から砺波市内全8小学校へ順次寄贈し、昨年で累計1080個を数えました。このカラーコーンには、砺波警察署の協賛を得てクラブと連名で名前が記載されており、15年前の贈呈当初より地元住民の方から『不審者が減った。犯罪抑止にも効果を発揮している。」などと高く評価され、毎年追加補充の要望があります。
今年は、砺波南部小学校、庄南小学校、出町小学校より要望があり、合計50個を贈呈しました。
7月16日に砺波南部小学校で行われた贈呈式では、小西会長が「不審な声掛けや危険があったらコーンのある家に助けを求めてください。」とあいさつの後、6年生30人を前にクラブ会長・副会長、砺波警察署から児童代表3名にコーンを贈呈しました。その後児童代表からお礼の言葉とPTA会長からの謝辞に続いて、砺波警察署交通安全課より『地域の温かい目によって見守られていることを感じつつ、安全に登下校して学校生活を楽しんでください』と励ましの言葉がありました。

所属クラブ となみセントラルライオンズクラブ

役職    PR委員長 開田哲弘

対象委員会 青少年育成委員会

活動日   2021年8月16日

開催場所  富山県砺波市立南部小学校

参加者   砺波市立南部小学校 6年生児童
砺波南部小学校 校長、PTA会長
砺波警察署交通安全課
となみセントラルライオンズクラブ5名

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る