ライオンズクラブ国際協会334-D地区 キャビネット事務局

ご挨拶

2021-2022

地区ガバナー:L.
三井 適夫

 地区スローガン「We Serveで人間力を高めよう」 ―Linked Heart―
 2021-22キャビネットのスタート。それは意識変革から始まります。新型コロナウィルスの蔓延は全ての常識を覆し、自然界の脅威となって私たちに襲い掛かりました。それはある意味、豊かさ故に私たちが忘れかけていた本当に大切なものに、気づきを与えてくれました。しかしながら現実は厳しく、奉仕活動どころではないと退会に繋がったケースも出てきています。さらにコロナ禍で従来の形では継続できない事業が多数見受けられ、その対策が喫緊の課題です。そこでカギを握るのは私たちライオンズマンの意識改革であり、課題解決の糸口だと考えます。
 皆さんお気づきだとは思いますが、この予期せぬ事態で奉仕活動は試練の時を迎えました。今まさにライオンズクラブの存在意義と価値が問われています。ただ明白なのは、コロナ禍で過去に例がないほど奉仕が必要とされています。加えて私たちメンバーそれぞれにも、あらゆる形で苦難が訪れ、ライオンズクラブの活動が滞っています。しかしこの状況に手をこまねいたままでは、奉仕活動は衰退の一途をたどることは明白です。「奉仕を諦めない」今こそライオンズクラブが心を強く持って、日本人誰もが持っている「お互い様、思いやり、助け合い」の精神に立ち返り、奉仕のリーダーシップを担うべき時だと考えます。
 スローガンは、ライオンズクラブ活動で人間力が高まり、豊かな人生に繋がる事に強い願いを込めて「We Serveで人間力を高めよう」としました。サブタイトル「Linked Heart」は心を繋いでさえいれば、助け合いが生まれ、支え合うことが出来るとの思いです。「奉仕こそが夢と希望を育む、そう信じて、ご一緒に!」

第一副地区ガバナー 戸祭宏樹 - ライオンズクラブ国際協会334-D地区
第一副地区ガバナー:L.
戸祭 宏樹

昨今、新型コロナウイルス感染症は、人々の日常生活に大きな影響を及ぼし、ライオンズクラブ活動も、予定されていた例会やアクティビティーなどが思うように行えず、複数年続けてきた継続事業も中断せざるを得ない状況となりました。クラブコミュニケーションをとる機会が制限され、ライオンズクラブも最大のピンチをむかえました。しかし、今だからこそもう一度原点に戻り、地域にとって本当に必要としていることは何かを見つめ直すことが出来るのではないでしょうか。コロナウイルスでの問題だけでなく、近年自然災害も多発傾向が見られ、いつ何が起こるか分かりません。今の時勢や状況に合った奉仕活動に変更するか、どうすれば続けていけるのか方法を考える。苦しい時こそ私達が行動し地域の人々との絆を深め、寄り添った活動を行うことで、これからの時代を担う、若者や子供達の希望の光となりたい。そして、私達の活動を間近で感じ、自分達もライオンズクラブのメンバーになりたいという夢を持って頂く、これが今邁進すべき奉仕活動と私は考えます。

第二副地区ガバナー 柿木良一 - ライオンズクラブ国際協会334-D地区
第二副地区ガバナー:L.
柿木 良一

人類は、これまで幾多の災害や危機を乗り越えてきましたが、時間が経つと普段どおりに生活できることに対する感謝の気持ちが薄れてしまっていると思います。未来に責任を持つことは、先人の努力、すなわち過去への感謝の気持ちを持つことから始まると固く信じています。
100年前のLC設立時の思いは、現在のSDGsと多くが重なっており、私たちは、持続可能な社会の実現に向け、奉仕の灯を大きくしなければなりません。そのためには、若者や女性会員の増強と、会員それぞれが奉仕活動を行える喜びに対する感謝の心と誇りを持ち、自ら行動に移すことが重要であると考えます。私自身、会員相互の友情と絆を深め、今より未来を良くするという気概を持って努力してまいります。

キャビネット幹事 松田憲昌 - ライオンズクラブ国際協会334-D地区
キャビネット幹事:L.
松田 憲昌

今期、334-D地区キャビネット幹事を拝命いたしました、1R3Z黒部ライオンズクラブ所属のL.松田憲昌です。
その責務の重さに身の引き締まる思いと共に、地区役員はじめ地区メンバーの皆さまのご理解ご協力により、精一杯務めさせて頂きたいと考えております。
今期のガバナーは、困難であっても“決して諦めない”をキーワードに、情報の共有化とクラブ支援を第一義に考えています。 またスローガンは、「 We Serveで人間力を高めよう ~ Linked Heart 〜」。奉仕の力で社会貢献しつつ、人として成長し、人間力を高めようではありませんか。浅学菲才の私ではございますが、何卒、皆様方の温かいご支援とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

キャビネット会計 伊藤興一郎 - ライオンズクラブ国際協会334-D地区
キャビネット会計:L.
伊藤興一郎

今年度、キャビネット会計を拝命することになりました。これからの一年間、ガバナースローガン「We Serveで人間力を高めよう」のもと微力ではございますが、精一杯努めてまいる所存ですのでよろしくお願い申し上げます。
三井ガバナーはITを駆使して全会員の皆様とコミュニケーションを取ることを目指し、各クラブの活力を掘り起こそうと奮闘しています。我々もその意を汲みながら334-D地区の活動が円滑にできますよう仕事を進めてまいりたいと思います。
会計といたしましては皆様からお預かりした貴重な会費等を適正かつ正確に処理し、健全な財務運営に取り組んでまいりますので、ライオン各位のご指導、ご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。

ライオンズ会員の方へ

トップへ戻る